​首里社会保険労務士法人
​東京オフィス
〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町2丁目1
渋谷ホームズ323号​
​沖縄オフィス
〒900-0015
沖縄県那覇市久茂地2丁目12番6号
​ライフワーク久茂地ビル7F​
TEL 03-6452-5732
​FAX 03-6735-4880

Copyright © 2019 首里社会保険労務士法人 All rights reserved.

  • 首里社会保険労務士法人

首里社会保険労務士法人 代表社労士 星野純子インタビュー


みなさんこんにちは。ライター イガラシです。

これまでのコラムに加え、新企画として当法人のスタッフインタビューを不定期で掲載することになりました。

説明会にまだご参加いただいていない方はもちろん、お越しいただいた方にもお読みいただけたら幸いです。

そこでまずは星野純子(ほしのじゅんこ)代表社労士にインタビューすることにしました。

星野代表社労士は2015年、個人事業主として「ほしの社労士オフィス」を開業。

中島啓吾(けいご)社労士のビジネスパートナーとして、助成金の申請に伴う書類関係を主に担当してきたそうです。

そこではまずこの仕事を志したきっかけについて聞いてみました。

合格率2.6%の狭き門を一発合格

「前職で経理の仕事をしていまして、年金や社会保険を扱っていたんです。そこでそうした税金の使われ方に興味をもったことをきっかけに、社会保険労務士の資格を知りました。 そこで将来は自分で独立したいという思いが昔からあり、年齢を重ねても仕事ができる資格として社労士試験にチャレンジしたのです。」

会社員として働きながら、渋谷にある東京リーガルマインド(LEC)の社労士クラスに通いはじめた彼女は、平成27年度でなんと合格率2.6%という狭き門を一発で通過しました。 「社労士としてさまざまな知識を覚えるスピードと記憶力が必要とされ、勉強は大変でしたが、幸いなことに最初の試験で合格することができました。実は中島はそのとき一緒に勉強した同級生で、クラスで合格したのは私たち含め4名だけでした。教室に入るといつも私が座りたい場所に中島がいて『またあの人が座ってる!』という関係で(笑)。それから話すようになり、合格した後に『一緒にやらないか』と声をかけてもらったのです。」

そこで当初はビジネスパートナーとしてスタート、2年ほど協働のすえ、今年から法人化したということなんですね。では法人化で実際になにか変わったのでしょうか。

法人化で強まったチームワーク

「法人化はもともと考えてはいましたが、経営については先輩である中島にアドバイスしてもらっています。彼は過去いろいろな仕事の経験がありますし、その意味では私はとてもラッキーだなと思っています。これまではスタッフ全員、それぞれが個人事業主的な関係だったのですが、法人化したことによってチームとしての結束力が強まったことを強く感じています。」


話を聞いていると、謙虚でありながらも日々経営者としての責任を全うしようという気持ちがひしひしと伝わってきます。ではこの仕事で嬉しいこと、大変なことはどんなことでしょうか。

「月並みではありますが、嬉しいのはお客様が助成金を活用して喜んでもらえることですね。また大変なことは、審査機関である労働局の要件がよく変わるんで、それを常日頃から情報収集し、スムーズに助成金が受給できるようにしなければならないところです。正直なところ、これを一般企業でやるとなると、かなり大変だと思います。」とのこと。


助成金の要件を審査する労働局のチェックは予想以上に厳しく流動的だそうで、スムーズな助成金申請のために、プロの社労士法人に依頼するのが得策だと話を聞いていて感じます。


では他の社労士法人と比べ、首里社労士法人としての独自の強みというのはあるんでしょうか。


最大の強みは「ニーズや状況に併せた資金調達」


「わたしたちは、助成金と融資といった、お客様のニーズや状況に併せた資金調達ができることが最も強みですね。ひとくちに社労士といっても、担当する業務領域がとても広いので、それぞれの得意分野に特化した業務を行っているのが通常です。助成金や融資などの問い合わせがきたら、不支給のリスクを恐れて断るという社労士もいると聞きました。そうした意味で、助成金と融資の両方に対応できる社労士法人は、かなり貴重な存在だと自負しています。資金調達についてご検討されているお客様であれば、ぜひ一度説明会にお越しいただき、お話を聞いていただければと思っています。」


社労士にも得意不得意があるということ、知らなかったので驚きました。

彼女曰く、助成金に強い、または専門的にやっている社労士法人は二割ほどとのことですから、大きなアドバンテージになっているのですね。


「女性むけの企画があれば参加しやすいのに、と思っていた経験から企画した『女性創業セミナー』は、おかげさまで好評で、毎回平均で20名ほどの女性の方々に参加いただいています。男性の方はもちろん、女性で創業を考えている方にも、ぜひ来てほしいですね。」


仕事以外ではキックボクシングのジム、スキューバダイビングの教室に通うことが楽しいです、と明るく笑う星野さん。

プライベートと仕事の両方で充実した様子が伝わってきます。

積み上げてきた実績からくる自信と、経営者としての経験を重ね、これからますますさらに当法人の強みが発揮されてくるでしょう。


資金調達をご検討中の経営者のみなさん、説明会にぜひお越しください!

このチャーミングな笑顔で、星野がお待ちしています(笑)